難病のオリックス・西浦颯大が引退 28日に2軍戦でセレモニー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オリックスから指名を受け、仮契約を結んだ西浦颯大選手(中央)=高知市で2017年11月9日午後4時3分、松原由佳撮影
オリックスから指名を受け、仮契約を結んだ西浦颯大選手(中央)=高知市で2017年11月9日午後4時3分、松原由佳撮影

 プロ野球のオリックスは24日、西浦颯大(はやと)外野手(22)から現役引退の申し入れがあり、受理したと発表した。入団3年目だった昨年、国指定難病の「特発性大腿(だいたい)骨頭壊死(えし)症」と診断され、手術を受けた。今季は育成選手として契約され、復帰を目指していた。28日のウエスタンリーグ・広島戦…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

注目の特集