巨人・岡本和、初球に集中し同点3ラン 若き4番が持ち味発揮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三回裏巨人2死一、二塁、岡本和が中越えに同点3ランを放つ=東京ドームで
三回裏巨人2死一、二塁、岡本和が中越えに同点3ランを放つ=東京ドームで

△巨人6―6阪神△(24日・東京ドーム)

 今季の巨人・岡本和は、初球に強い。終盤戦、優勝争いの行方を占う宿敵・阪神との3連戦初戦で、若き4番が持ち味を発揮した。

 3点を追う三回。併殺打後の2死から四球と安打で走者をためて、岡本和は打席に向かう。「何とか走者を還したかった」と言う主砲は積極的だった。初球、甘くなった阪神・西勇の変化球をフルスイング。打球はバックスクリーンへと吸い込まれて特大の同点3ランとなった。さらに2死二塁から丸も右翼席への2ラン…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集