4「ない」でキノコによる食中毒防止 食欲の秋…でも、ご注意 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長野県などが作成した毒キノコに注意を呼びかけるポスターに記載された、代表的な毒キノコの見分け方
長野県などが作成した毒キノコに注意を呼びかけるポスターに記載された、代表的な毒キノコの見分け方

 県内では毎年9~10月、誤って毒キノコを食べたことによる食中毒が発生しており、これらの食中毒はほぼ、採取した毒キノコを家庭内で食べて起きているため、県は20日~10月19日を「きのこ中毒予防月間」として広く注意を呼びかけている。期間内には県内の各保健福祉事務所で「きのこ衛生指導員」が、キノコが食用かどうかを調べてくれる無料の鑑別相談が開かれる。【田倉直彦】

 県食品・生活衛生課によると、2011~20年の10年間で毒キノコによる食中毒は12件発生し、患者は計30人に上る。9~10月に10件発生し、大半が秋のキノコ狩りシーズンに起きていることが分かる。原因となったキノコはツキヨタケが5件と最多で、以下クサウラベニタケ、テングタケ、ヒカゲシビレタケ、ニセショウロ属と続く。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文809文字)

あわせて読みたい

注目の特集