橿原市長問責決議、市議会が可決 決算不認定 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 橿原市議会は24日の定例会本会議で、2020年度一般会計歳入歳出決算を不認定とし、動議で出された亀田忠彦市長への問責決議案を可決した。いずれも可否同数で、議長判断で決した。

 問責決議案などによると、決算で財政状況が改善されたことに対し、新型コロナウイルスの影響で緊急時ともいえる年度に、国からの交付…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文239文字)

あわせて読みたい

注目の特集