犬と猫、適正飼育啓発 福岡市、動物愛護週間に合わせHPで 「最期まで愛情と責任を」 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
犬の適正飼育を啓発する「犬を飼う。6つのお願い。」の資料
犬の適正飼育を啓発する「犬を飼う。6つのお願い。」の資料

 福岡市は「動物愛護週間」(20~26日)に合わせ、犬と猫の適正飼育について啓発し、市の取り組みを解説する資料を市動物愛護管理センターのホームページ(HP)「わんにゃんよかネット」で公開している。パネル展を開催して紹介する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったため、ネット上で公開した。

 市動物愛護管理センターで収容・殺処分される犬と猫の数などの現状とセンター職員の現場からのメッセージ▽過剰繁殖を防ぐ不妊去勢手術や遺棄、迷子防止のための飼い主情報が入ったマイクロチップの装着といった適正飼育▽譲渡活動やミルクボランティアなどの市の取り組み――などを紹介している。現場からのメッセージでは「自分がたずさわる動物を適正に飼育管理し、最期まで責任を持つ」「心ある動物の命を、愛情と責任を持っ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集