「石木ダム」控訴審 弁論再開申し立て 福岡高裁に住民側 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 川棚町で建設計画が進む石木ダムを巡り、水没予定地の住民らが建設主体の県と佐世保市に工事差し止めを求めていた控訴審(6月18日結審)で、住民側は「8月の豪雨により、石木ダムがなくても雨は安全に川棚川を流れることが明らかになった」として24日、福岡高裁に弁論再開の申し立てをした。

 原告代理人によると、8月の大雨のピーク…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文316文字)

あわせて読みたい

注目の特集