連載

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

連載一覧

翔べ!!V・ファーレン

サッカー 本当の勝負はこれから /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 勝負は最後までわからない。18日にアウェーで行われたJ2第30節の町田ゼルビア戦で、V・ファーレン長崎はそのことを思い知らされた。エジガルジュニオ選手の3得点で2度にわたって2点差をつけたV・ファーレンだったが、試合終盤に3対3に追いつかれ、その後も町田の猛攻を受けて、勝ち点1を守り抜くのが精一杯だったのだ。

 「非常に残念。勝ち点を失った。2回のリードを守れなかった」。町田戦後、松田浩監督はそう語り、チーム総失点34のうち23を占める後半の失点癖を悔やんだ。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文725文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集