特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『吉田健一随筆集』=吉田健一・著、中村光夫・編

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『吉田健一随筆集』
『吉田健一随筆集』

 (平凡社ライブラリー・1650円)

 吉田健一(1912~77年)の人気は変わらず、近年ますます文名盛んの感さえある。本書は83年刊の彌生書房版「現代の随想」シリーズの『吉田健一集』を改題・再刊したもの。随筆集といっても盟友・中村光夫の手になり、代表的評論『英国の文学』(49年)の第一章や短編小説「酒宴」(55年)などを含む。多彩な文業のエッセンスが楽しめる。

 ケンブリッジ大で師事した英文学者を追想する「F・L・ルカス」(72年)は、吉田ならではの観察と批評眼が随所にのぞく。「もしルカスに立場と言えるものがあったとすればそれは流行の符牒(ふちょう)を顧みずに正常であることだった」。なるほど、そういう先生の影響もあったか、そんな人だから慕ったのか。読点を限りなく省くのは独自の文体。一見読みにくいが、はまると病みつきになる。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文515文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集