菅首相「AUKUS創設を歓迎」 豪首相と会談、連携確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相=東京都千代田区の首相官邸で2021年9月3日午後1時7分、竹内幹撮影
菅義偉首相=東京都千代田区の首相官邸で2021年9月3日午後1時7分、竹内幹撮影

 訪米中の菅義偉首相は24日午前(日本時間24日夜)、ワシントン市内で、オーストラリアのモリソン首相と会談した。菅首相は今月15日に発表された米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」の創設を歓迎すると表明。両首脳は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、同盟国・同志国の連携を強化する重要性を確認した。

 両首脳は駐米豪州大使公邸で、朝食を挟みながら約70分間会談した。23日の日印首脳会談と同様、中国を念頭に「東・南シナ海での力による一方的な現状変更の試みや経済的威圧」に強く反対する意思を確認。安全保障や経済などで緊密に連携していくことで一致した。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集