米、TPPに復帰せず 報道官「競争力強化のため国内に投資」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領
バイデン米大統領

 米国務省のプライス報道官は24日の記者会見で、日本が参加し、中国や台湾も加盟申請した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、現状では復帰しない意向を示した。「世界に通用する競争力を強化するために国内に投資することが最初の仕事だ」と述べた。

 プライス氏は2016年に米国がTPPに署名した当時…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

あわせて読みたい

注目の特集