菅首相「日米の絆強めた」 バイデン氏はねぎらい 首脳会談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米国へ出発する直前、報道陣の取材に応じる菅義偉首相(右)=羽田空港で2021年9月23日午後3時55分、幾島健太郎撮影 拡大
米国へ出発する直前、報道陣の取材に応じる菅義偉首相(右)=羽田空港で2021年9月23日午後3時55分、幾島健太郎撮影

 訪米中の菅義偉首相は24日(日本時間25日)、ワシントンのホワイトハウスで、バイデン米大統領と会談した。両首脳の対面による会談は3回目。菅首相は会談後、任期中の外交政策について「外交・安全保障の基軸である日米同盟に力を注いだ。バイデン氏との信頼関係の下、同盟強化に取り組み、絆を一層強めることができた」と記者団に述べた。

ジョー・バイデン米大統領=ホワイトハウスで2021年9月16日、AP 拡大
ジョー・バイデン米大統領=ホワイトハウスで2021年9月16日、AP

 会談では、バイデン氏が近く退任する菅首相の労をねぎらった。ジル大統領夫人も同席し、7月に東京オリンピックの開会式出席のために来日した際の「おもてなし」に謝意を示した。首相は会談に先立ち、豪印を含めた4カ国首脳会議の冒頭で、米国が東京電力福島第1原発事故後の日本産食品の輸入規制を撤廃したことを評価した。【ワシントン秋山信一】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集