菅首相、メタン削減に参加の意向表明 日米豪印首脳会合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相
菅義偉首相

 菅義偉首相は日米豪印の首脳会議で、バイデン米大統領が主導する温室効果ガスのメタン排出削減の取り組みに参加する意向を表明した。日本政府関係者が24日、明らかにした。

 日米豪印4カ国は首脳共同声明で、天然ガス部門でのメタン削減に協力すると明記した。海上輸送網の脱炭素化にも取り組み、横浜やロサンゼルス、シドニー、ムンバイといった主要港を含む作業部会を立ち上げる。

 また、化石燃料を大量に使い続けると世界の平均気温が上がるとの気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書について「深刻な懸念を共有する」と強調。インド太平洋地域の主要国に働きかけ、世界の野心を高めるための外交を展開していくとした。名指しを避けたが中国を念頭に置いた表現とみられる。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文615文字)

あわせて読みたい

注目の特集