特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

「入管はウソをついている」スリランカ人女性の妹ら名古屋でデモ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)に収容されていたスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が3月に死亡した問題を巡り、収容中の監視カメラ映像の全面開示を求めたデモが25日、全国各地で行われた。名古屋駅前ではウィシュマさんの妹、ポールニマさん(27)が「入管は私たちにウソをつき、振り回している。いまここで何をしても姉は帰ってこないが、真相を知るために闘う」と訴えた。

 参加したのは、複数の外国人支援団体などでつくる「ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会」のメンバーら。「外国人の命を軽視する入管に収容送還の権限なし」などと書かれたプラカードを持ち、通行人らに映像の全面開示を求める署名への協力を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文715文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集