特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

行動制限緩和、期待と懸念 苦境の観光業界 感染防止策両立が課題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ホテル入り口に設置された新型コロナウイルス感染対策の看板を整える従業員=大阪市中央区のホテル日航大阪で2021年9月22日、藤井達也撮影
ホテル入り口に設置された新型コロナウイルス感染対策の看板を整える従業員=大阪市中央区のホテル日航大阪で2021年9月22日、藤井達也撮影

 秋以降をめどに新型コロナウイルスの行動制限を緩和するとの政府方針に、厳しい状況が続いてきた旅行業界が期待を寄せている。ワクチン接種の進展が背景にあり、接種済みの人を対象にしたツアー販売など政府に先んじた動きもある。一方で「緩み」による感染再拡大を懸念する声も強く、感染防止対策との両立が課題となる。

 「お客様からの問い合わせは多く、反応は好調です」。旅行大手の阪急交通社(大阪市)は政府の緩和方針を受け、15日からワクチン接種者向けの専用ツアー申し込みページを開設した。2回接種者か検査で陰性が確認できた人を対象とし、10月後半以降出発の100コース以上を用意している。紅葉の時期に京都、奈良に向かうツアーの人気が特に高いといい、広報担当者は「接種を終えたお客様に、感染対策をより徹底しながら楽しんでもらえれば」と話す。

 旅行会社のクラブツーリズム(東京)は主要顧客層となる高齢者のワクチン接種が進んだことから、政府方針発表前の8月下旬から2回接種者を対象としたツアー(出発は10月末以降)の販売を開始した。「未接種者への差別とならないように」(広報)と価格は通常と同じで、未接種者も別日程などで申し込めるコースもある。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1326文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集