特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

札幌山の手、4大会連続20回目の出場 高校ラグビー・南北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【札幌山の手-函館ラサール】前半、ハンドオフで相手をかわしてトライを決める札幌山の手の選手=北斗市運動公園で2021年9月25日、貝塚太一撮影
【札幌山の手-函館ラサール】前半、ハンドオフで相手をかわしてトライを決める札幌山の手の選手=北斗市運動公園で2021年9月25日、貝塚太一撮影

 第101回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)の南北海道予選は25日、北斗市運動公園フットボール場で決勝があり、札幌山の手が函館ラサールを57―0で降し、4大会連続20回目の出場を決めた。札幌山の手は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に臨む。

 大会は全国51代表が出場。3回戦までの組み合わせ抽選会は12月4日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれる。準決勝は2022年1月5日、決勝は1月8日の予定。全試合、前後半30分ハーフで行われる。【三沢邦彦】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集