引退の西浦に贈る先制弾 オリックス宗、頂点目指す理由また一つ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一回裏オリックス1死、先制ソロを放ち、三塁を回る宗=京セラドームで
一回裏オリックス1死、先制ソロを放ち、三塁を回る宗=京セラドームで

○オリックス3―2●楽天(25日・京セラ)

 オリックスが連敗を2で止めた。一回に宗が先制ソロを放った。

 試合前の円陣で、オリックスの2番・宗はチームメートにこう語りかけた。「野球がしたいと思っていても、野球ができなくなることがある。今日、けがするかもしれない。全員、熱い気持ちを持って試合に取り組んでください」

 前日の24日、国指定の難病「特発性大腿(だいたい)骨頭壊死(えし)症」と闘う22歳の外野手・西浦が球団に引退を申し入れたことが発表されたばかり。今季三塁の定位置を獲得したが、外野手登録の宗にとって西浦はライバルでもあった。ともに武器は俊足巧打。宗は「めちゃくちゃ良い選手。僕も負けていられないなと思ってやっていた」と振り返る。円陣でのメッセージは、志半ばでユニホームを脱がざるを得なくなった後輩への…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文655文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集