特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県予選 桐生第一、4強進出 前橋育英に快勝 前橋商は逆転で /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【前橋商-利根商】七回表前橋商、先頭の神道有良(右)が左越え本塁打を放ち、チームメートに祝福される=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで2021年9月25日、川地隆史撮影 拡大
【前橋商-利根商】七回表前橋商、先頭の神道有良(右)が左越え本塁打を放ち、チームメートに祝福される=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで2021年9月25日、川地隆史撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)は25日、小倉クラッチ・スタジアム(桐生球場)で準々決勝2試合があり、桐生第一と前橋商が4強に駒を進めた。

 桐生第一は先発・北村流音(2年)が7安打1失点に抑え、夏の甲子園に出場した前橋育英に8―1でコールド勝ちした。前橋商は同点で迎えた七回、神道有良(同)と塚本啓太朗(同)の本塁打などで一挙5点を追加。9―4で利根商を降した。

 26日は同球場で健大高崎―太田、東農大二―関東学園大付の準々決勝2試合が行われる。【川地隆史】


桐生第一の三森結大外野手(2年)=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで2021年9月25日、川地隆史撮影 拡大
桐生第一の三森結大外野手(2年)=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで2021年9月25日、川地隆史撮影

 ■ズーム

渾身の一打、雪辱果たす 桐生第一・三森結大外野手(2年)

 三回の第2打席は、2死満塁の好機で迎えた。相手投手が、3者連続の四球。「カウントを取りに来る」と分かっていた。3球目、狙い通りの外角の直球を右翼右にはじき返した。相手を突き放す2点適時打。「チームを絶対に勝たせたかった」

 横浜市出身。「甲子園に出場したい」という思いで地元を離れて強豪・桐生第一に入学した。

 4強進出をかけたこの日の相手は、夏の県大会3回戦で敗れた前橋育英。夏の大会は直前に肩を脱臼し、チームの敗戦をスタンドから見つめるしかなかった。「自分がグラウンドに立っていたら、どうなったのかな」。そんな思いを秘め、雪辱を誓っていた。

 夏の悔しさを晴らす、狙い通りの一打。「3年生の借りは返せた」と塁上で渾身(こんしん)のガッツポーズを見せた。今泉壮介監督は「思い切りの良いバッター」と評価した。

 関東大会出場をかけた次戦の相手は、昨秋の準決勝で敗れている前橋商。「とにかく元気を出して、打ってチームを盛り上げたい」と意気込んだ。【川地隆史】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集