特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 拓大紅陵、コールド勝ち 木更津総合なども8強 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【拓大紅陵-四街道】好投する拓大紅陵・先発の小堺=千葉県市原市岩崎のゼットエーボールパークで2021年9月25日、長沼辰哉撮影 拡大
【拓大紅陵-四街道】好投する拓大紅陵・先発の小堺=千葉県市原市岩崎のゼットエーボールパークで2021年9月25日、長沼辰哉撮影

 第74回秋季県高校野球大会(県高野連など主催、毎日新聞社など後援)は25日、市原市のゼットエーボールパークなど3球場で3回戦8試合が行われた。拓大紅陵は四街道に10―0で六回コールド勝ちした。木更津総合は東海大市原望洋に10―0で、八千代松陰は多古に8―2でそれぞれ勝ち、8強入りを決めた。【長沼辰哉】

好投を打線も援護

 ○…拓大紅陵は、2回戦で夏の覇者・専大松戸を破った四街道と対戦。一回に4点を取って先制すると、そのまま主導権を譲らず完勝した。先発の主戦・小堺は四回まで1人の出塁も許さない「ベストピッチング」で試合の流れを呼び込んだ。伸びのある最速135キロの直球と、回転を意識した変化球を丁寧にコースに投げ分けて8奪三振。味方の打線も10安打で援護した。和田孝志監督が「いつも試合を作ってくれる」と評価する小堺は「あした以降も難しい相手が続く。球数を意識しながら、しっかりと勝っていきたい」と気を引き締めた。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集