特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 帝京第三、日川4強 ともにコールドで圧倒 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日川-身延】三回表日川2死三塁、森田の内野安打で生還し、拳を突き上げて喜ぶ小澤(左)=甲府市の山日YBS球場で2021年9月25日、田中綾乃撮影 拡大
【日川-身延】三回表日川2死三塁、森田の内野安打で生還し、拳を突き上げて喜ぶ小澤(左)=甲府市の山日YBS球場で2021年9月25日、田中綾乃撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会県大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は25日、甲府市の山日YBS球場で準々決勝2試合があった。帝京第三が甲府一を、日川が身延を、ともにコールドで降し準決勝に進んだ。26日も準々決勝2試合があり、4強が出そろう。【田中綾乃】

甲府一打線不発

 帝京第三は四回、相手守備の乱れを突き二進した中橋が三上の適時打で生還し先制すると、さらに2点を追加。六回にも3点を奪い突き放した。甲府一は計3本の二塁打で好機を作るが、打線がつながらなかった。

身延7安打1点

 日川は三回、小澤の適時三塁打で先制。中盤も四球や相手守備の乱れで得た好機を生かして得点を重ね、七回には後藤の2点本塁打で突き放した。身延は日川と同じ7安打を放ったが、打線がつながりを欠いた。


甲府一の川口凜太郎投手(2年)=甲府市の山日YBS球場で2021年9月25日、田中綾乃撮影 拡大
甲府一の川口凜太郎投手(2年)=甲府市の山日YBS球場で2021年9月25日、田中綾乃撮影

 ■ズーム

「力不足」飛躍誓う 甲府一・川口凜太郎投手(2年)

 新チームで託された背番号「1」を背負い、三回までいずれの回も3者凡退に抑える好投を見せた。しかし四回、捕逸や暴投をきっかけに、得点圏での走者を背負うと相手打線につかまった。「最少失点に抑えようと心がけるほど、力んでしまった。エースナンバーを背負っている自分の力不足」と悔やむ。

 4強入りはならなかったが、大会初日の開幕試合後、目標だと話していた「まずは8強入り」は達成した。「コールド負けという悔しさを忘れず、冬は下半身を一から鍛えたい」。エースの自覚と責任を胸に飛躍を誓った。【田中綾乃】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集