特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 ベスト4出そろう 浜松西、聖隷クリストファー、静岡、日大三島 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【科学技術-静岡】四回裏静岡1死二、三塁、松永の2点適時打で法月が生還し4点目=静岡市清水区の清水庵原球場で2021年9月25日、深野麟之介撮影 拡大
【科学技術-静岡】四回裏静岡1死二、三塁、松永の2点適時打で法月が生還し4点目=静岡市清水区の清水庵原球場で2021年9月25日、深野麟之介撮影

 第74回秋季東海地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞静岡支局後援)は25日、草薙球場(静岡市駿河区)などで準々決勝4試合が行われた。静岡は、秋季県大会初出場の科学技術に6―3で勝利。日大三島は、今春の東海大会を制した掛川西に10―9で逆転サヨナラ勝ちした。このほか、聖隷クリストファーと浜松西が準決勝に進んだ。

 準決勝2試合は、10月2日に草薙球場で行われる。観客の有無は県内の感染状況によって決まる。【深野麟之介】

 ■ズーム

科学技術の戸井寛己一塁手(2年)=静岡市清水区の清水庵原球場で2021年9月25日分、深野麟之介撮影 拡大
科学技術の戸井寛己一塁手(2年)=静岡市清水区の清水庵原球場で2021年9月25日分、深野麟之介撮影

打撃不振、復調の3安打 科学技術・戸井寛己一塁手(2年)

 一回表1死一塁。内角の厳しいコースに来た変化球を振り抜くと、打球は飛びついた右翼手の横を抜け、先制の適時三塁打となった。チームは秋季県大会初出場ながら「格上」の相手に次々と勝ち、準々決勝まで進んだ。「初回に2点を先制できた。逆転されてからも我慢の試合運びができた」。静岡に敗れたものの、個人としてもチームとしても自信をつかんだ試合だった。

 右肩が上がり、投手の方に胸が早く開いてしまうことが、ずっと打撃フォームの課題だった。2回戦で敗退した夏の大会後、3年生から「目線を下げた方が良い」と助言をもらい、素振りやティー打撃で修正を繰り返した。

 それでも本来の調子は取り戻せず、秋季県大会は3回戦終了時点でわずか計2安打。打撃不振に陥っていた。ただ、3回戦の清水東戦では復調の兆しをつかんでいた。第1打席で右方向に鋭い打球を飛ばした。結果は右飛だったが「久しぶりの良い当たりだった」と手応え。25日の準々決勝は先制打を含む3安打をマークした。

 投球でも力を見せた。先発の兵庫悠真投手(2年)の後を受け五回から登板。「兵庫からの継投は何度か経験していた」と、落ち着いたマウンドさばきで、静岡打線を2安打無失点に抑えた。森田重成監督(52)も「打撃もようやく安定し、丁寧に投球していた」と評価する。

 「大事なところで『あと1本』を打てる勝負強さを身につけたい」。秋につかんだ自信を、来年につなげる。【深野麟之介】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集