特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県予選 高知、劇的サヨナラ 高知商ともに8強入り /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高知南打線を2安打に抑えた高知商の熊澤投手(2年)=高知市の県立春野球場で2021年9月25日午後0時8分、小宅洋介撮影 拡大
高知南打線を2安打に抑えた高知商の熊澤投手(2年)=高知市の県立春野球場で2021年9月25日午後0時8分、小宅洋介撮影

 第74回秋季四国地区高校野球大会県予選(県高野連主催)の2回戦2試合が25日、県立春野球場(高知市)であった。シード校の高知商と高知がそれぞれ勝ち、準々決勝に駒を進めた。

 高知商はバントや盗塁などの小技を絡めて序盤から着実に加点し、高知南を5―0で降した。先発の熊澤は被安打2で完封した。高知は序盤から土佐にリードされる苦しい展開だったが、五回や七回に連打が出て点差を詰めた。3点を追う九回裏には川竹の右前適時打で2点を返し、7―6の劇的なサヨナラ勝ちを決めた。26日には春野球場で2回戦2試合があり、8強が出そろう。【小宅洋介】

3安打、初登板完封締め 高知商・熊澤実樹哉投手(2年)

 公式戦初登板となる高知商のエース・熊澤(2年)が投打で魅せた。直球とスライダーがさえわたり、高知南打線を2安打に抑えて完封勝利。打っても3打数3安打の活躍だった。

 夏の大会でも背番号をもらっていたが、登板の機会はなかった。準決勝では、強豪・明徳義塾をあと一歩まで追い詰めながら、僅差で敗れた先輩たちの姿をベンチから見ていた。「お前たちはこんなふうに負けずに、勝って甲子園に行ってくれよ」。試合後に受け取った言葉を胸に抱き、マウンドに立った。

 この日は、自己最速となる138キロの直球をマーク。二回表には1死一塁で打順が回り、右中間への三塁打を放った。上田修身監督も「熊澤の調子が良かった。立ち上がりが不安だったが、うまくしのいでくれた」と活躍をたたえた。

 「最初は緊張したけれど、いつも通り投げられたのが良かった。3位以内に食い込んで四国大会に行きたい」と次戦を見据えた。【小宅洋介】

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集