連載

迫る

「迫る」は人物の内面を探ったり、出来事の背景を掘り下げたりする大型読み物です。

連載一覧

迫る

ミクシィは今(その1) SNS先駆者の誤算

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「競輪事業を次の柱にしたい」。新設された千葉JPFドームでそう語るミクシィの木村弘毅社長=千葉市中央区で2021年9月15日、西夏生撮影
「競輪事業を次の柱にしたい」。新設された千葉JPFドームでそう語るミクシィの木村弘毅社長=千葉市中央区で2021年9月15日、西夏生撮影

 柱のない巨大な楕円(だえん)形のドーム屋根の下に真新しい木製のトラックが広がる。千葉市内に建設された屋内型競輪場「千葉JPFドーム」(10月2日に「ティップスター ドーム チバ」に改称予定)に、9月中旬、IT企業「ミクシィ」社長、木村弘毅さん(45)の姿があった。同社が運営に関わる新たな自転車競技が10月からこの競輪場で始まる。「若い人やファミリーなど今までと違う層にアピールしたい」。トラックを見渡しながらそう力を込めた。

 ミクシィは2019年に競輪事業に参入した。競輪は、公営競技の中でも選手が“動力”となる唯一の競技で、IT企業が関与するのは違和感がある。なぜ競輪なのか。「公営競技の中でデジタル化が進んでおらず、うまく投資できれば見返りが大きいと考えました」。木村さんはそう説明する。ミクシィは若者をターゲットに据え、オンライン投票やタレントがレース結果を予想する動画のライブ配信などを手がける。新型コロナウイルスの…

この記事は有料記事です。

残り1621文字(全文2035文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集