ファーウェイ幹部釈放 米と司法取引、起訴猶予

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米国の要請でカナダで身柄拘束され、米国が引き渡しを求めていた中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長(49)=保釈中=について、米司法省が孟氏の起訴を猶予し、釈放を認める司法取引が24日、米ニューヨークの裁判所で成立した。孟氏は無罪を主張しつつ「金融機関に対する虚偽説明があった」とする司法省の主張についてはこれ以上争わないことに同意した。緊張が続く米中対立の懸案の一つが解消されることになった。

 米司法省はカナダ政府への身柄引き渡し要請を取り下げ、カナダの裁判所は24日、釈放を認めた。カナダメディアによると、孟氏は同日夜、中国行きの飛行機で出国した。カナダのトルドー首相は記者会見を開き、孟氏拘束後に中国で拘束されたカナダ人2人が解放され、空路でカナダに向かっていると明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集