大学生らがリヤカーで食料品販売 高齢者支援、「話し相手にも」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
食料を載せたリヤカーを引く日本文理大の学生 拡大
食料を載せたリヤカーを引く日本文理大の学生

 日本文理大(大分市)の学生らが25日、同市佐賀関地区で「楽・楽マルシェ」と銘打ってリヤカーで食料品などを移動販売した。高齢化が進む地区で買い物が不便な高齢者を手助けし、住民が大学生と交流することでコミュニティーを活性化させることを狙った試み。高齢者は「助かる」と声をかけながら野菜などを買っていった。

 日本文理大工学部の吉村充功教授(都市計画)の研究室と佐賀関地区で地域活性化に取り組むNPO法人「さがのせき彩・彩カフェ」が中心に実施した。マルシェ自体は2012年7月から毎月1回、開催されているが、当初は場所を固定し、住民らに買い物に来てもらっていた。だが高齢化で利用者が減少し、この日から移動販売方式に切り替えた。

 25日は学生ら7人が参加。リヤカーにはサツマイモやカボス、学生たちが作った焼き鳥などが積まれ、広場で「移動販売です」と声を上げると、住民たちが集まった。近くに住む安部博進さん(80)は「買い物に行くのが不便なお年寄りが多い。売りに来てくれるのは助かるし、話し相手にもなって良い」と笑顔で話した。学生らはリヤカーを引きながら、約2時間かけて約1キロの道のりを歩いた。

佐賀関地区の住民らに食料品の値段を説明する日本文理大の学生(左) 拡大
佐賀関地区の住民らに食料品の値段を説明する日本文理大の学生(左)

 参加した日本文理大3年の沢井恵介さん(21)は「場所が固定だった時は素通りする人が多かったけど、移動販売だと寄ってくれた。地域が活性化するきっかけになれば」と話した。吉村教授は「学生には地域が抱える課題を肌で感じてもらえる。コミュニティーの維持につながってくれれば」と期待を込めた。【石井尚】

あわせて読みたい

注目の特集