「引札」3枚でたどる郷土経済史 朝倉高史学部がパネル展 福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
甘木絞りが隆盛だったことを示す藤井宗三郎商店の引札
甘木絞りが隆盛だったことを示す藤井宗三郎商店の引札

 福岡県朝倉市の県立朝倉高校史学部は昔の広告チラシ「引札(ひきふだ)」に関する研究をまとめた。同市の甘木歴史資料館で成果を紹介するパネル展「三枚の引札~引札に見る甘木・秋月~」が10月3日まで開かれている。【桑原省爾】

 引札は江戸~大正時代に商品の宣伝のために作られた広告チラシ。明治時代には木版刷りから石版刷りになり色も鮮やかになった。

 前部長で3年の中原透也さん(18)は嘉麻市のリブアーチ型石橋の研究に一区切りがつき、新しいテーマとして引札に着目した。しかし、市内甘木・秋月地域の引札はほとんどなく、入手できたのは「藤井宗三郎商店の甘木絞り」「藤屋商店の呉服太物」「久野氏謹製のいやなが目薬」の3枚だけだった。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文745文字)

あわせて読みたい

注目の特集