トカラ列島の諏訪之瀬島・御岳で噴火 5400mの噴煙を初観測

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
噴煙が5400メートルに達した鹿児島県・諏訪之瀬島の噴火の様子=気象庁提供
噴煙が5400メートルに達した鹿児島県・諏訪之瀬島の噴火の様子=気象庁提供

 気象庁は26日、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬(すわのせ)島(十島(としま)村)の御岳(おたけ)で午前7時11分に噴火があり、噴煙が火口から5400メートルまで上がったと発表した。2003年の観測開始以来、御岳で5000メートルを超えたのは初めて。

 鹿児島地方気象台によると、噴火活動が続く御岳は8…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

あわせて読みたい

注目の特集