木村花さんの母響子さん、SNS中傷防止訴え講演 東京・板橋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
SNSでの誹謗中傷防止を訴える木村響子さん=板橋区成増1のまなぽーと成増で2021年9月26日午後3時3分、木原真希撮影 拡大
SNSでの誹謗中傷防止を訴える木村響子さん=板橋区成増1のまなぽーと成増で2021年9月26日午後3時3分、木原真希撮影

 インターネット交流サイト(SNS)で中傷された後の昨年5月に急死したプロレスラーの木村花さん(当時22歳)の母響子さんによる講演会(板橋区教育委員会主催)が26日、東京都板橋区成増1の「まなぽーと成増」であった。

 「相手に寄り添うSNSマスターの道」と題して講演。SNS上での誹謗(ひぼう)中傷を防ぐための正しい使い方などについて話し、参加した中学生や大学生らと意見交換した。

 響子さんは今月3日、学生向けのSNS教育推進などを目指すNPO法人「Remember HANA(リメンバーハナ)」を設立しており、その一環で講演した。

 批判と誹謗中傷の違いについて、響子さんは「正しい批判だと思ってSNS上で誹謗中傷を繰り返している人が多い」と指摘。「他の人の価値観や考え方を認めることで誹謗中傷を終わらせる方向に進むと信じている」と呼びかけた。【木原真希】

あわせて読みたい

注目の特集