連載

アートの扉

国内各地の美術館が所蔵するイチオシの作品や、特設展の見どころを紹介します。

連載一覧

アートの扉

百瀬文 Flos Pavonis ままならぬ体と共に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2021年 シングルチャンネルビデオ 約30分
2021年 シングルチャンネルビデオ 約30分

 他人を見るとマスクの着け方を確かめる。思いも寄らぬ接触にどきりとする。ここ2年ほどで、自分と他者を分ける輪郭がくっきりした気がする。

 前身も含めると約60年続く「新・今日の作家展」が今年のタイトルに選んだのは「日常の輪郭」。映像を主な表現媒体とする百瀬文と、各地で肖像写真を撮影する田代一倫(かずとも)を取り上げた。

 田代の新作は拠点とする神奈川で撮影したポートレート。多くの人がマスクをしていて、写真の世界も現実と同じなんだと、不意を突かれる。マスクを着けるかどうかは本人に委ねるといい、撮影者と被写体の関係性もまた伝わる。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文831文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集