ドローン操縦研修 下妻市職員 災害時の情報収集へ /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヘルメットをかぶり、送信機を手にドローンを操縦する職員=下茨城県妻市唐崎で2021年9月22日、安味伸一撮影
ヘルメットをかぶり、送信機を手にドローンを操縦する職員=下茨城県妻市唐崎で2021年9月22日、安味伸一撮影

 下妻市は22日、職員対象のドローン操縦研修を同市唐崎の千代川体育館で行った。災害時の情報収集などで、市職員がドローンを操縦できるようにするのが狙い。

 研修は、市と民間講習団体「リライト ドローンベース ジャパン」(常総市)などが結んだ協定に基づき実施。志願した市職員20人が参加した。

 職員は関連法規などを学んだあと操縦を体…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集