特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県予選 健大高崎が快勝 関東学園大付もコールドで 4強出そろう /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【関東学園大付-東農大二】八回表関東学園大付、2死満塁で右越えに3点適時三塁打を放ち、塁上で拳を突き出す栗本慎之介(右)=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで2021年9月26日、川地隆史撮影 拡大
【関東学園大付-東農大二】八回表関東学園大付、2死満塁で右越えに3点適時三塁打を放ち、塁上で拳を突き出す栗本慎之介(右)=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで2021年9月26日、川地隆史撮影

 第74回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)は26日、小倉クラッチ・スタジアムで準々決勝残り2試合が行われ、4強が出そろった。

 健大高崎は13安打に4盗塁を絡め、太田を突き放した。山田琉衣(2年)は3安打の活躍。関東学園大付は八回に打者一巡の猛攻で一挙8点を追加し、東農大二をコールドで降した。

 準決勝は、桐生第一―前橋商、健大高崎―関東学園大付の組み合わせで、10月2日に同球場で行われる。決勝に進む2校は、同30日から茨城県で開催される関東大会に出場する。【川地隆史】

 ■ズーム

健大高崎の堀江大和捕手(1年)=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで、2021年9月26日、川地隆史撮影
健大高崎の堀江大和捕手(1年)=群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで、2021年9月26日、川地隆史撮影

代打一振り、反撃のろし 健大高崎・堀江大和捕手(1年)

 1年生の一振りで反撃ののろしを上げた。

 1点差で迎えた五回裏、青柳博文監督から「振ってこい、それだけだ」と代打に送られる。2球目、内角の直球を右中間にはじき返すと、一気に三塁へ。「『なんとか勝ちたい』としか考えてなかった」

 「打撃を伸ばしたい」と秋田県大仙市から健大高崎の門をたたいた。指導者が一人しかいなかった中学時代から一変し、充実した練習環境に恵まれた。

 もともと打撃は得意ではなかったが、赤堀佳敬コーチの教えで、投手が足を上げると同時に投手側の足を上げるとタイミングが取れるようになった。青柳監督は「振りが良い」と評価する。

 3回戦に続く代打でのヒット。青柳監督が「あの三塁打が大きかった」と振り返るように、その後打線が続き逆転した。

 関東大会出場まであと一つ。「チャンスをつかみつつ、打撃でチームを盛り上げたい」と意気込んだ。【川地隆史】

【秋季大会2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集