特集

第80期名人戦

第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 斎藤慎太郎八段-広瀬章人八段 第12局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

斎藤、全勝キープ

 図で[先]9一角成は[後]7三桂と馬筋を遮断され、[後]5五角や[後]3七歩成が残って面倒を招く。

 斎藤は12分の考慮で[先]3四歩と突き出し、本丸を目指した。次に[先]2四角[後]同歩[先]3三金の寄せがあり、[後]3四同飛と払えば[先]4五金が手厚い。以下の一例を示せば[後]8四飛[先]7五銀[後]8五飛[先]5五角。脇を固めるべき金がいない後手玉は、ひとたまりもない。

 その後の本譜に2桁の消費はない。ともに終局の形を作る手続きを淡々と進めている印象を受けた。1筋に攻め味をつけて[先]3三金と打ち込み、いよいよ収束へ向かう。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文815文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集