沖縄のNOを聞け 安倍・菅政権「問答無用」の9年間 平和運動センター 議長退任の山城博治さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事に使われる土砂の搬出が続く塩川港で、抗議活動をする山城博治さん=沖縄県本部町で2021年9月9日午前11時54分、喜屋武真之介撮影
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事に使われる土砂の搬出が続く塩川港で、抗議活動をする山城博治さん=沖縄県本部町で2021年9月9日午前11時54分、喜屋武真之介撮影

 菅義偉首相が近く退任し、約9年にわたった安倍晋三政権、菅政権が終わる。この間、沖縄県名護市辺野古の沿岸部では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設工事が始まり、海が護岸で囲われ埋め立てられていっている。沖縄平和運動センターの議長として現場で抗議活動の先頭に立ち、9月に議長を退いた山城博治(ひろじ)さん(69)の目には、安倍・菅政治はどう映ったのだろうか――。

 沖縄本島北部の本部(もとぶ)町・塩川港には連日、大型トラックが次々と入り、積み荷を船に移し替えている。辺野古に運ばれる埋め立て用土砂だ。9日、山城さんは「辺野古埋立 NO」と書いたボードを手に港にいた。「工事が止まるわけでもないが、知らんふりはできない」。翌10日、平和運動センターの総会で、山城さんは年齢を理由に議長を退いた。

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1721文字)

あわせて読みたい

注目の特集