特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

シンガポールでコロナ感染者急増、過去最多に 3人以上の集まり禁止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シンガポールの観光地マーライオン像付近でマスク姿で過ごす市民ら=2021年9月26日、AP 拡大
シンガポールの観光地マーライオン像付近でマスク姿で過ごす市民ら=2021年9月26日、AP

 新型コロナウイルスワクチンの接種を必要回数終えた人が約8割のシンガポールで、感染者が急増している。政府は3人以上の集まりを禁じるなど、行動制限の再強化に乗り出しているが、収束の兆しは見えない。

 人口約569万人のシンガポールは9月29日、新型コロナの1日の新規感染者数が2268人となり、過去最多を記録した。8月中旬は同100人以下で推移していたため政府は規制緩和に踏み切ったが、その後、感染力の強いデルタ株の流行で、増加に転じた。陽性反応が出た人の約98%は軽症か無症状とされるが、9月の死者は38人にのぼり、コロナによる累計死者数を93人に押し上げている。

 政府は8月19日以降、通常の会合については最大5人、店内飲食を伴う会合も、必要回数のワクチン接種完了を条件に5人まで認めていたが、9月27日から1カ月はこれらを2人までに制限した。またオフィスでの業務についても、従来5割の人員の出社を許可していたのを、在宅勤務を基本とする措置に変更した。

 シンガポールは新型コロナの感染が広がりはじめた2020年1月から入国制限措置を取り、徹底した追跡、監視システム、都市封鎖(ロックダウン)で早期抑え込みに成功した国の一つとされてきた。ワクチン接種率も世界トップレベルを誇る。

 ただし、市中感染をゼロまで抑え込む「ゼロコロナ」に関しては、8月にリー・シェンロン首相が「現実的ではない」と指摘し、「ウィズコロナ」への転換を示した。保健省はこれを受け、新型コロナを「パンデミック」(世界的大流行)から限られた範囲での流行である「エンデミック」にするための行動計画を進めている。だがオン・イエクン保健相は9月24日の記者会見で「デルタ株が我々の計画を許してくれない」と話し、感染抑制に苦戦していることを認めた。【バンコク石山絵歩】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集