フグシーズン到来 下関で初競り コロナで需要減り安値に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
競りに並んだトラフグ=山口県下関市彦島西山町の南風泊仮設市場で2021年9月27日午前3時17分、大坪菜々美撮影
競りに並んだトラフグ=山口県下関市彦島西山町の南風泊仮設市場で2021年9月27日午前3時17分、大坪菜々美撮影

 山口県下関市の南風泊(はえどまり)仮設市場で27日未明、フグシーズンの到来を告げる初競りが開かれた。1キロ当たりの最高値は2020年より2000円安い1万8000円だった。主な出荷先の関東や関西地方で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が続き、飲食店の需要が減ったことが影響した。

 午前3時20分、「ええか、どうか」と威勢の良い競り人の掛け声とともに競りが始まった。フグ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集