「NYは厳しい街」小室圭さんが働く現地の弁護士事情と家賃相場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
帰国した小室圭さん(中央)=成田空港で2021年9月27日午後3時50分、宮武祐希撮影
帰国した小室圭さん(中央)=成田空港で2021年9月27日午後3時50分、宮武祐希撮影

 米ニューヨーク州のフォーダム大ロースクールを5月に修了した小室圭さん(29)の就職先はマンハッタンにある法律事務所だ。米国内に5カ所の拠点があり、350人以上の弁護士が所属する。事務所のホームページで、小室さんはM&A(企業の合併・買収)など主に企業法務を担当すると紹介されている。現在は弁護士をサポートする「law clerk」という肩書となっているが、弁護士試験に合格すれば弁護士として働くことになるとみられる。

 ニューヨークは世界経済の中心で、各国から優秀な人材が集まる。就職先の事務所が決まっても将来にわたって安定した仕事が続けられるかは不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文929文字)

あわせて読みたい

注目の特集