特集

第71期王将戦

第71期王将戦は藤井聡太竜王が渡辺明王将に4連勝し、王将位を奪取、史上最年少の5冠を達成。棋譜詳報は棋譜・対局結果にて。

特集一覧

藤井聡太王位が白星スタート 王将戦リーグ 糸谷八段降す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第71期ALSOK杯王将戦リーグの初戦を制し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太王位(右)。左は糸谷哲郎八段=大阪市福島区の関西将棋会館で2021年9月27日午後5時40分、加古信志撮影
第71期ALSOK杯王将戦リーグの初戦を制し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太王位(右)。左は糸谷哲郎八段=大阪市福島区の関西将棋会館で2021年9月27日午後5時40分、加古信志撮影

 第71期ALSOK杯王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛)の藤井聡太王位(19)―糸谷哲郎八段(32)戦が27日、大阪市福島区の関西将棋会館であり、藤井が82手で勝って白星スタートを切った。藤井は前期のリーグ陥落から即復帰して3期連続3回目のリーグで、初挑戦を目…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

【第71期王将戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集