泥酔し出勤、警官なりすまし、無許可兼業…市職員を免職 千葉・柏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県柏市
千葉県柏市

 千葉県柏市は27日、泥酔状態で出勤するなど問題行為を繰り返したとして、市民生活部沼南支所主査の男性職員(50)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 市によると、職員は2018年6月、泥酔状態で出勤して帰宅させられた。また、同月に酒を飲んで警官になりすまして客引きを注意し、本物の警官から厳重注意された。18年8月には、同居する女性の親から結婚…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集