取引履歴確認困難な版画 文化庁がブロックチェーンでの管理検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警視庁が押収した東山魁夷らの原画を基にした偽版画=東京都中央区の警視庁築地署で2021年9月27日午後2時22分、柿崎誠撮影
警視庁が押収した東山魁夷らの原画を基にした偽版画=東京都中央区の警視庁築地署で2021年9月27日午後2時22分、柿崎誠撮影

 日本画家の東山魁夷(かいい)の偽版画を作製したとして元画商ら2人が著作権法違反の疑いで警視庁に逮捕された事件。

 有名絵画を基にした版画は、同じ作品が多数流通している。枚数は限定されているものの、値段は数十万~数百万円で原画よりも安く、美術ファンに人気がある。一方、版画の取引履歴の確認は難しく、真作と偽物を判断するのは専門家でも簡単ではないとされる。版画業界関係者は「販売する百貨店も美術商を信頼して作品を仕入れているのが実態」と明かす。

 こうした現状を踏まえ、先端技術「ブロックチェーン」(分散型台帳)を使って取引履歴を管理し、偽物の売買を防ぐ仕組みが始まっている。ブロックチェーンは、インターネット上の複数のコンピューターでデータを共有する技術で、分散管理のため、データ改ざんが困難という利点がある。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文816文字)

あわせて読みたい

ニュース特集