新幹線運転士、消毒液漏れアルコール検出 運転取りやめ JR西

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新岩国駅構内のロッカー。アルコール検知器が保管されていた区画(左上)の斜め右下に、内容液が漏れた消毒用アルコールスプレーがあった=JR西日本提供
新岩国駅構内のロッカー。アルコール検知器が保管されていた区画(左上)の斜め右下に、内容液が漏れた消毒用アルコールスプレーがあった=JR西日本提供

 JR西日本は27日朝、新岩国発新大阪行きの山陽新幹線こだま838号を新岩国―広島間で運転を取りやめた。新岩国駅(山口県岩国市)から乗り込む60代の男性運転士と30代の女性車掌の呼気からアルコールが検出されたが、代わりの乗務員を手配できなかったからだ。2人が飲酒を否定したため調査したところ、検知器を保管していたロッカーで消毒用アルコール液が漏れていたことが判明。漏れた液で検知器が反応したとしている。

 JR西によると、検知器は新岩国駅構内のロッカーにあった。同じロッカーの斜め下の区画に車掌が乗務に使うカバンがあり、消毒用アルコールスプレーが入っていたが、その内容液が漏れていた。同じ状況を再現したところ、検知器がアルコールを検出したため、液漏れでアルコールがロッカー内に充満したことが原因とみられると結論づけた。JR西の長谷川一明社長は、原因判明前の記者会見で「お客様にご迷惑をかけ、誠に申し訳ござ…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集