大谷翔平、103年ぶり快挙は三度お預け 好投も10勝目ならず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP
マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)は26日(日本時間27日)、アナハイムでの今季本拠地最終戦となるマリナーズ戦に先発し、七回までを被安打5、10奪三振、1失点と好投したが勝敗は付かず、今季10勝目はならなかった。「野球の神様」と呼ばれるベーブ・ルースが1918年に達成して以来、103年ぶりに2桁勝利と2桁本塁打を同時に成し遂げる快挙は三度持ち越し…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

注目の特集