特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JR東海とトヨタ自動車が第3代表決定戦に 都市対抗東海2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR東海-日本製鉄東海REX】六回表JR東海1死二、三塁、平野が中前への2点適時打を放ち、ガッツポーズ=愛知・岡崎市民球場で2021年9月27日午前11時46分、岸本悠撮影 拡大
【JR東海-日本製鉄東海REX】六回表JR東海1死二、三塁、平野が中前への2点適時打を放ち、ガッツポーズ=愛知・岡崎市民球場で2021年9月27日午前11時46分、岸本悠撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)東海2次予選は27日、愛知・岡崎市民球場で第3代表決定トーナメント3回戦2試合があり、JR東海とトヨタ自動車が10月1日の第3代表決定戦に進出した。JR東海は日本製鉄東海REXに3―2で逆転勝ちし、トヨタ自動車は3―2で西濃運輸に九回サヨナラ勝ちした。日本製鉄東海REXと西濃運輸は第4代表決定トーナメントに回る。【岸本悠、森野俊】

 JR東海は一回、平野の適時打で先制。一度は逆転されたが、1点を追う六回、平野が決勝の2点適時打を放った。日本製鉄東海REXは打線のつながりに欠けた。

 トヨタ自動車は八回、高祖の2ランで同点。九回に河原がサヨナラ犠飛を放った。西濃運輸は同点の九回2死三塁の好機を生かせなかった。

 JR東海・久保恭久監督 (二回に自らの失策で2失点した)先発・川本はぶざまなところを見せたが、結局は八回途中2失点。ベテランらしく意地の投球をしてくれた。

 日本製鉄東海REX・林尚克監督 (五回に2度のけん制死)自分たちで勝手にミスをして流れを渡し、直後の六回にやはり反撃された。反省したい。

 トヨタ自動車・藤原航平監督 (八回に同点2ランを放った)高祖は守備力を買っての起用なのでうれしい驚き。サヨナラ犠飛の河原、九回に好救援した佐竹と、ベテランが良い働きをした。

 西濃運輸・林教雄監督 (2点リードの八回に先発・船迫が)2ランを打たれるとはね。結果論だが継投ミスです。二回以降に追加点が欲しかった。

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集