新型コロナ 知事、感染経路の調査再開 病床体制、1段階緩和 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大野元裕知事は27日、新型コロナウイルス感染者について保健所が感染経路や濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」を再開したと発表した。感染の急拡大を受けて一部を中止していた。大野知事は同日の専門家会議後、報道陣の取材に「想定を超えた感染状況で外したが、しっかりした調査が必要だと考えていた」と述べた。また、重症者が60人未満になると想定される10月2日に、病床体制を「急増時」(1889床、重症236床)から1段階低い「フェーズ4…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集