古き町並み、守る連携 木造密集地想定し放水訓練 豊岡・出石 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
水源を堀や水路、川で確保して行われた合同放水訓練=兵庫県豊岡市出石町で、浜本年弘撮影
水源を堀や水路、川で確保して行われた合同放水訓練=兵庫県豊岡市出石町で、浜本年弘撮影

 2015年の城崎温泉火災を教訓に、豊岡市消防本部が独自に設けた「木造家屋密集街区」の火災を想定し、市出石消防団と豊岡消防署出石分署・城崎分署は26日、豊岡市出石町で合同放水訓練を実施した。消火用水を水源から送水する消防団員と、受水して放水する消防隊員の連携強化のため、2020年から消火活動の方法や地元の水源状況などについて相互理解を深めながら取り組んでいる。【浜本年弘】

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集