県立夜間中学を考える 学び直し、社会参加支える 設置案巡り意見交換 鳥取でシンポ /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜間中学について意見を交わしたシンポジウム=鳥取市で、平川哲也撮影
夜間中学について意見を交わしたシンポジウム=鳥取市で、平川哲也撮影

 県教委が2024年度開校の設置方針案を示した県立夜間中学に関するシンポジウムが25日、鳥取市扇町の県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)であった。オンラインでの視聴を含む約60人が参加し、引きこもりの人を支援するNPO法人鳥取青少年ピアサポート(鳥取市)の山本恵子代表らパネリストの意見に耳を傾けた。【平川哲也】

 全国初の県立夜間中学として4月に開校した徳島県立しらさぎ中学校(徳島市)の籔内純一郎教頭と文部科学省教育制度改革室の白井俊室長がオンラインでパネルディスカッションに加わり、鳥取県における夜間中学のあり方について語った。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文702文字)

あわせて読みたい

注目の特集