連載

ホップ・ステップ・プログラミング

みなさんの生活の中で、プログラミングはどのように使われているのか。プログラミングの基本にふれる連載です。

連載一覧

ホップ・ステップ・プログラミング

ブロックで組み合わせる とくべつな言葉で命令 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 かめのロボットは、マス目の上を動き、進んだあとに線が引かれます。ロボットを動かす命令は、ブロックのような形で書かれています。

 「左回り()」や「右回り()」の命令で、ロボットはその場で左や右を向きます。「進む(●)」は●に書かれた数のマスだけ進みます。

 「くり返す」の命令は、図のようにコの字の左右をひっくり返した形をしています。くり返したい命令をまとめてこの中に入れて、■に回数を入れて指定します。

 命令を組み合わせるときは、ブロックを上から下へとならべます。一つのブロックのでっぱりの部分に、もう一つのへこみがはまって、つながった形になります。流れをしめした図「フローチャート」とにていますね。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文526文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集