連載

沖縄、台湾をつむぐ

琉球王に仕えた名家・川平家。琉球処分から日本統治下の台湾、戦後の沖縄へ。激動の時代をたどり、沖縄と台湾を見つめます。

連載一覧

沖縄、台湾をつむぐ

敗戦から半月後に除隊、台高で授業再開にうれしさも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
降伏調印式が行われた旧公会堂。接収後、中山堂と改められた=台北市で、鈴木玲子撮影
降伏調印式が行われた旧公会堂。接収後、中山堂と改められた=台北市で、鈴木玲子撮影

 1945年8月15日、昭和天皇によるポツダム宣言受諾の玉音放送が、日本統治下の台湾でもラジオから流れた。その声は日本本土以上に雑音がひどく、内容はほぼ聞き取れなかったという。

 台北高等学校高等科2年生で陸軍二等兵だった川平朝清(かびら・ちょうせい)さん(94)は放送を聴いていない。部隊は台北北郊に…

この記事は有料記事です。

残り4715文字(全文4865文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集