再審無罪「否定」を滋賀県警本部長が謝罪 元看護助手の国賠訴訟巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
再審無罪を巡る訴訟対応について、滋賀県議会で謝罪する滝沢依子県警本部長=大津市で2021年9月28日午前10時39分、諸隈美紗稀撮影
再審無罪を巡る訴訟対応について、滋賀県議会で謝罪する滝沢依子県警本部長=大津市で2021年9月28日午前10時39分、諸隈美紗稀撮影

 滋賀県の湖東記念病院で2003年に死亡した入院患者への殺人罪で服役後、再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に国家賠償を求めた訴訟を巡り、無罪判決を否定する書面を作成した県警の滝沢依子本部長は28日、県議会本会議で「書面の表現に不十分な点があり、関係者の心情を害したことについて改めて県警を代表しておわび申し上げる」と謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文847文字)

あわせて読みたい

注目の特集