特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

緊急事態発令から4カ月 全国最長の沖縄、解除に期待と不安

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの流行に伴う緊急事態宣言が続き、客足のまばらな那覇市第一牧志公設市場=那覇市で2021年9月28日午後3時15分、喜屋武真之介撮影
新型コロナウイルスの流行に伴う緊急事態宣言が続き、客足のまばらな那覇市第一牧志公設市場=那覇市で2021年9月28日午後3時15分、喜屋武真之介撮影

 緊急事態宣言期間が5月23日の発令から4カ月を超え、全国最長になっていた沖縄県でもようやく宣言が解除されることになった。観光業関係者や飲食店からは安堵(あんど)の声が上がる一方で、感染再拡大への懸念も強い。沖縄県の1週間の新規感染者数は人口当たりで今も全国最多の状況で、県は飲食店に対し、酒類の提供は認めつつ、営業時間の短縮要請などを継続する。

 沖縄では今夏の観光シーズンに感染が拡大し、7、8月の観光客数はコロナ前の2019年の3割弱にとどまった。那覇市の「ホテルパームロイヤルNAHA国際通り」も7~9月の稼働率は20%台後半。高倉直久総支配人は「お客さんに『来てください』とも言えず、もどかしかった。稼ぎ時に全然稼げず、あと1カ月宣言が延びるとかなり苦しかった」と語り、「いよいよ収束に向けて観光も少しずつ持ち直していくのかなと希望を持っ…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1008文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集