名古屋大は杉山直氏、岐阜大は吉田和弘氏 次期学長候補決まる 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松尾清一機構長(中央)と杉山直氏(右)、吉田和弘氏=名古屋市千種区の名古屋大で2021年9月28日午後5時48分、川瀬慎一朗撮影
松尾清一機構長(中央)と杉山直氏(右)、吉田和弘氏=名古屋市千種区の名古屋大で2021年9月28日午後5時48分、川瀬慎一朗撮影

 名古屋大と岐阜大を運営する東海国立大学機構の松尾清一機構長は28日、次期名大学長に同大筆頭副学長の杉山直(なおし)氏(60)、岐阜大学長に同大病院長の吉田和弘氏(63)を候補者として選んだと発表した。任期は2022年4月から6年間。両学長は機構の大学総括理事も務める。

 杉山氏は宇宙論が専門で国立天文台教授などを経て19年4月から現…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

注目の特集