特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

宣言解除後の日常は…期待高まる観光・飲食業界、懸念する医療関係者

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
丁寧に人力車を消毒する「時代屋」の車夫=東京都台東区で2021年9月28日午後3時10分、小川昌宏撮影
丁寧に人力車を消毒する「時代屋」の車夫=東京都台東区で2021年9月28日午後3時10分、小川昌宏撮影

 19都道府県に発令されている新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が30日の期限で解除されることになった。客足が遠のいていた観光事業者や飲食業者の間では期待が高まる一方、医療関係者らからは人出急増による感染再拡大を懸念する声も上がる。感染を抑えながら、日常を取り戻せるか。正念場の10月が始まる。

売り上げ9割減「耐えながら待っていた」

 「やっと、という一言に尽きる。本当に長い間、耐えながら待っていた」。東京・浅草で人力車のサービスを運営する「時代屋」の代表取締役、藤原英則さん(65)は緊急事態宣言の解除決定を歓迎している。

 今年に入り、東京都内で緊急事態宣言の発令や、まん延防止等重点措置の適用がなかった時期は28日間しかない。県の境をまたぐ移動の自粛が求められる中、浅草を訪れる観光客の数も落ち込んだ。多い時は日に20台以上が稼働していたという人力車も、最近は5台ほどの稼働にとどまり、売り上げは新型コロナの感染拡大前の2019年と比べると9割減の状態が続く。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1950文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集